免許合宿のおすすめポイントまとめ集|遊べるトラベルすぐ取れる

教習所

期間が短い

車

自動車免許を取得するのであれば、ある程度の時間を必要とする通学よりも短期間で取得が可能な免許合宿のほうがおすすめです。もちろん、自分のペースで教習を受けて検定に臨みたいという人であれば、通学のほうが向いていると言えますが、二週間から三週間のまとまった期間が取れるのであれば免許合宿のほうが圧倒的に効率よく教習を受け、免許を手に入れることができます。

自動車免許を取得するには、検定を受ける前に指定された教習所にて教習を受ける必要があります。教習には学科教習と技能教習があり、それぞれ必要な単位数が決められており、すべての教習をクリアすることが検定を受けるための条件となります。学科教習は集合教室での授業となるので、合格をもらえないということはほとんどありませんが、技能教習となるときちんとした運転技能がなければ危険運転につながるため、しっかりやらなければ一つひとつの教習をクリアすることはできません。

その点、免許合宿であれば教習内容がとても集中しており、学んだ内容を忘れず、しっかりと運転技能を身につけることができるためおすすめです。通学であれば、なんらかの用事が重なるなどで前回との感覚が空いてしまうと、運転の感覚を忘れてしまうということがありえます。免許合宿であれば、そのようなことがないのです。
免許合宿を利用するなら、おすすめは高校や大学の夏休み、あるいは高校卒業前の春休みなどです。この時期であれば二週間や三週間のまとまった期間を確保しやすいので、免許合宿を受けるのに最適なのです。
しかし、おすすめの時期は上記のとおりですが、高校の夏休みを利用するのであれば注意点があります。自動車免許の取得は18歳からですが、教習だけなら17歳のときにも受けられます。この点、免許合宿であればかなりの短期間に集中して教習を受けるため、夏休み時点で17歳であれば検定を受けられなくなってしまいます。